とうふよう

【豆腐よう】豆腐を米麹、紅麹、泡盛などのつけ汁に漬け、6ヶ月くらい熟成発酵させた、王朝時代からの伝わる食品のこと。中国にも腐乳という似た食べ物があることから、豆腐の保存食として18〜19世紀の初め頃、中国から琉球に伝わったとされる。 豆腐ようの特徴はなんといってもその独特の風味。長時間、発酵させることで、漬け汁から様々な酵素が生成され、これらが作用して独特のなめらかな食感とウニやチーズ…

続きを読む

チャンプルー

【チャンプルー】チャンプルーには、「混ぜ合わせる・炒め物・簡単な食事」という意味があるが、現在は調理用語以外に、何でもごちゃごちゃに混ぜて、沖縄風に消化してしまうスタイルをチャンプルー文化と形容したりもする。 琉球料理のルーツは中国との交流の中から生まれたものが多く、チャンプルーの語源にもそれがうかがえる。中国福建省地方の言葉で、簡単な食事という意味である「シャポン(喰飯)」や、中国の…

続きを読む

タウチーチャウ

【闘鶏餃(タウチーチャウ)】ラードと小麦粉で作るパイ皮のようなさっくとした皮に、香ばしい胡麻あんを包んだ揚げ菓子。王朝時代から作られている。大鶏餃とも表記され、中国伝来の菓子と思われる。 皮には赤と緑の色粉で着色した生地を練りこんで模様をつけ、楕円形に伸ばし、あんを中央に置き半分に折って半円形にする。二枚に重ねた部分に餃子のようにひだを付けるが、滑らかな縄のようなひだではなく、尖ったひ…

続きを読む

スポンサードリンク