【エラブウミヘビ】

【エラブウミヘビ】 方言名はイラブー。名の由来は永良部島近海で産したことから永良部鰻と名付けられた。しかし、鰻ではなくウミヘビ。エラブウミヘビは主にフィリピン周辺に広く棲息し、南日本からインドネシアまで広く分布している毒蛇である。洞窟や岩陰に上がってきたところを捕獲する。県内の産地は久高島、宮古島、石垣島である。 イラブーは燻製小屋で一週間~10日間いぶして、製品にする。久高島ではノロ…

続きを読む

スポンサードリンク